農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP農林水産物市場アクセス交渉の結果6

<<   作成日時 : 2015/10/20 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4 牛肉:
(1) 関税撤廃を回避し、セーフガード付きで関税を削減。
38.5%(現行)→ 27.5%(当初)→ 20%(10年目)→ 9%(16年目以降)
(2) セーフガード:
@ 発動数量(年間):59万t(当初)→ 69.6万t(10年目)→73.8万t(16年目)
(関税が20%を切る11年目以降5年間は四半期毎の発動数量も設定。)
- 3 -
A セーフガード税率:38.5%(当初)→30%(4年目)→20%(11年目)→ 18%(15年目)

関税撤廃回避という点が、業界にとって前面譲歩を避けられたということになるのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPP農林水産物市場アクセス交渉の結果6 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる