農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP農林水産物市場アクセス交渉の結果5

<<   作成日時 : 2015/10/19 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(2) でん粉
現行の糖価調整制度を維持した上で、以下を措置。
@ 現行の関税割当数量の範囲内で、TPP枠を設定(7.5千t)。
A TPP参加国からの現行輸入量が少量のでん粉等(コーンスターチ、ばれいしょでん粉等)については、国別枠を設定(計2.7千t(当初)→3.6千t(品目ごとに6〜11年目以降))。

砂糖もそうですが、甘味作物は表には出づらい重要作物なので、いわゆる従来の制度を撤廃するという選択肢はなく、どこまで譲歩できるかという点に論点が絞られたのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPP農林水産物市場アクセス交渉の結果5 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる