農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP農林水産物市場アクセス交渉の結果2

<<   作成日時 : 2015/10/14 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

麦について
(1) 小麦
@ 現行の国家貿易制度を維持するとともに、枠外税率(55円/kg)を維持。
A 米国、豪州、カナダに国別枠を新設(計19.2万t(当初)→ 25.3万t(7年目以降)・SBS方式)。
B 既存のWTO枠内のマークアップ(政府が輸入する際に徴収している差益)を9年目までに45%削減し、新設する国別枠内のマークアップも同じ水準に設定。国別枠内に限り、主要5銘柄以外の小麦を輸入する場合にはマークアップを9年目までに50%削減した水準に設定。
C 小麦製品については、小麦粉調製品等にTPP枠又は国別枠を新設(4.5万t(当初)→ 6万t(6年目以降))し、国家貿易制度で運用している小麦製品は、引き続き全て国家貿易制度で運用。また、マカロニ・スパゲティは、関税を9年目までに60%削減。

小麦についても米と同様に、枠外税率が定められています。食料安全保障という観点からも、主食穀物を全面開放という選択肢はなかったと考えられます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPP農林水産物市場アクセス交渉の結果2 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる