農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS 農政補助事業 牛肉トレーサビリティ業務事業委託費について

<<   作成日時 : 2015/08/27 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成27年度の消費・安全局補助事業として、牛肉トレーサビリティ業務事業委託費が予算計上されました。予算額は234百万円です。

この事業の政策目標は「DNA鑑定による個体識別情報の正確な伝達の確保」することとされています。具体的には、DNA鑑定照合用サンプル採取、DNA鑑定及び照合用サンプル保管です。

「DNA鑑定による個体識別情報の正確な伝達の確保」のために、DNA鑑定照合用サンプル採取、DNA鑑定及び照合用サンプル保管が必要なことは分かります。しかし、この政策目標の実効性を評価するためには、実際に小売店等から牛肉を買って、それについてトレーサビリティが可能かどうかを調べることが必要です。この事業では、それには触れられていません。この点についての説明が望まれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農政補助事業 牛肉トレーサビリティ業務事業委託費について 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる