農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS 不測時における食料安全保障のための演習事業について

<<   作成日時 : 2015/06/09 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成27年度の大臣官房補助事業として、不測時における食料安全保障のための演習事業が予算計上されました。予算額11百万円です。

当該事業の内容は次のとおりです。
「国内の大不作及び主要穀物等の輸入の途絶等のシナリオを作成し、指針の手順に基づく事態ごとの対応について、演習(シミュレーション)を実施」

不測の事態に備えるというのは分かります。ですが、そのような事態が本当に発生した場合、何が出来るでしょうか?例えば、アメリカやオーストラリアといった農業大国が天災等に見舞われて農産物の輸出ができなくなった時、耕作放棄地を活用して農産物をすぐに作れるのでしょうか?機械であれば急に動かすことも可能ですが、農地でそれは不可能でしょう。

本事業では不測の事態における食糧確保のためのプランを検討するのでしょうが、その結果については国民に周知してもらいたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不測時における食料安全保障のための演習事業について 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる