農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS 有機農業について雑感3

<<   作成日時 : 2015/06/05 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

有機農業は、消費者に響いているといっていいでしょう。事実、農薬や化成肥料の過剰使用は、環境に負荷をかけるのは間違いのないことです。だからと言って、農薬や化成肥料を悪者にする構図には問題があります。考えるべきは、農薬や化成肥料を過剰に使ってまで、農産物を栽培しなければならないという現実でしょう。

消費者は、この点をもっと考えるべきでしょう。誰しも、美味しくて安全な農作物を食べたいはずです。しかし、それらを有機農業だけで供給するのは難しいでしょう。農薬や化成肥料の過剰使用は問題外としても、それを必要最低限使わざるをえないという状況について、消費者はもう少し理解を示してもいいはずです。農業の諸問題は、消費者の「タダ乗り姿勢」にも端を発しているのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
有機農業について雑感3 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる