農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS 無農薬栽培について雑感1

<<   作成日時 : 2015/06/02 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

無農薬栽培と聞くと、なんだか安全な気がします。実際、無農薬を謳う販売業者は多いです。しかし、無農薬はそんなに悪いのでしょうか?

「無農薬栽培」というワードで検索すると、ある無農薬栽培野菜の販売業者にヒットしました。そこでは、こう書かれていました。「植物が“腐る”ということは自然界ではありえない現象」

この文は、無農薬栽培野菜を販売することの意義を説くための文章の一部です。また、この文章の他の部分で、植物が腐る原因は肥料の使用と断定しています。しかし、この文章は自社商品の優位性を主張するためのミスリード文章と言わざるを得ません。植物が腐る現象は起こりえます。例えば、栽培されたダイコンなどが病原菌に感染して腐ることがあります。(軟腐病)

この文章では、植物が腐る原因を農薬・肥料の投与ということを科学的根拠に基づかない主張で断定しています。「腐る」という現象は菌によるものですが、菌の発生は農薬・肥料の投与によって引き起こされるとでも言いたいのでしょうか?

無農薬栽培・有機栽培というものを、農業を知らない人間は盲目的に信用してしまう傾向があります。だからこそ、このような文章でも信じられてしまうのです。農業に対する知識の無さは、農業に対して自己判断が出来ないという点において危険だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無農薬栽培について雑感1 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる