農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS 農業生産工程管理(GAP)について1

<<   作成日時 : 2015/06/01 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ひょうご農林水産ビジョン2020」の中で、生産者や生産者団体等に対してGAP手法の導入が必要であるとされています。

GAP(農業生産工程管理)とは、「農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動」と定義されています。

GAPは、各種団体が独自定めています。具体的には下記のGAPが一般的です。

1.都道府県が策定したGAP
2.JAグループのGAP
3.GLOBAL G.A.P
4.JGAP
5.適正農業規範/農産物品質保証システム

このように、GAP自体が統一されているわけではなく、また全ての都道府県がGAPを策定しているわけでもありません。こういった統一性のなさが、GAPの導入が進まない原因の一つと考えられます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農業生産工程管理(GAP)について1 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる