農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS ひょうご農林水産ビジョン2020について雑感1

<<   作成日時 : 2015/05/19 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県は、自県の農業をどのように捉えているのでしょうか?「ひょうご農林水産ビジョン2020」から読み取って行きます。

兵庫県は「ひょうご農林水産ビジョン2020」の役割を次のように定義しています。

1. 県農林水産行政に基本となる計画的かつ総合的な指針
2. 農山漁村で暮らす人々、都市で暮らす人々、農林水産業従事者、消費者、市町、関係団体、企業等、本県に住まい集う県民全ての食と「農」に関する行動指針

これが意味することは、このビジョンで書かれていることに基いて農政が実施されるということです。そして、このビジョンは実質的に農政に携わる行政機関に対して発せられたものと言えます。

兵庫県における各種補助事業は、このビジョンで示されている考え方に基いて行われることになります。これから、このビジョンが具体的にどのような認識に基いて策定されたのかを追ってみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひょうご農林水産ビジョン2020について雑感1 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる