農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS 農業補助金 青年就農給付金について6(準備型2)

<<   作成日時 : 2015/04/25 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回は経営開始型の申請の流れについて説明したので、今回は準備型の申請の流れについて説明します。

準備型も経営開始型と同じように、申請は都道府県もしくは青年農業者等育成センター等に対して行います。そして、申請にあたっては所定の様式に従った研修計画書の提出が求められます。この研修計画書には、農業をはじめるに至った思いや、今後どういった農業経営をしていくかといったことを書く必要があります。

準備型においては、都道府県によってどこでどのような研修を受ければ認められるのかといった条件が違う可能性があります。例えば、兵庫県では、「県内に所在する研修期間で、実習と講義を組み合わせて農業者育成のための実施研修をするもの」か「県内で農業を営む先進農家または先進農業法人」での研修を受けることが条件です。さらに、研修機関や先進農家として認められるための条件も細かく定められています。

準備型の申請にあたっても農業を営む予定の都道府県に確認する必要があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農業補助金 青年就農給付金について6(準備型2) 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる