農業について中小企業診断士の立場から情報発信する

アクセスカウンタ

zoom RSS 農業補助金 青年就農給付金について3(経営開始型2)

<<   作成日時 : 2015/04/22 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回(下記URL)のブログで「経営開始型」の要件について説明しましたが、今回は中でも特に重要な項目について説明します。
http://nichijousyouwa.at.webry.info/201504/article_17.html

青年就農給付金の経営開始型の交付要件の中に、「独立・自営就農であること」「青年等就農計画等所定の基準に適合していること」という項目があります。
農林水産省によると、「独立・自営就農であること」とは、以下の要件を満たすこととあります。
1. 自ら作成した経営開始計画に即して主体的に農業経営を行っている
2. 農地の所有権又は利用権を給付対象者が有している
3. 主要な機械・施設を給付対象者が所有又は借りている
4. 生産物や生産資材等を給付対象者の名義で出荷・取引する
5. 給付対象者の農産物等の売上げや経費の支出などの経営収支を給付対象者の名義の通帳及び帳簿で管理する

このように列挙されると難しく聞こえますが、要は、農業を、自分で計画した栽培計画や販売計画に従って事業として運営してください。そして、農業を運営するに当たっては、農地の所有権や利用権、設備は自分名義で持っていなければなりません。さらに、事業として運営するので、しっかり帳簿をつけましょう。ということです。

もう一つの条件である「青年等就農計画等所定の基準に適合していること」というのが、今述べた栽培計画や販売計画を、農林水産省所定の様式で書いて下さいということです。

経営開始型の交付申請に当たっては、青年就農計画をしっかり立てることが一番重要です。そして、農林水産省から求められる記載事項は非常に細かいです。次回は、この点について説明します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農業補助金 青年就農給付金について3(経営開始型2) 農業について中小企業診断士の立場から情報発信する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる